記事を読んでいただくと、森さんのお人柄や作品のユニークさが
よくご理解していただけると思います。     さとう

2020_3_12b