160912
160912_2

=ときめき=
谷口絢香はじめてのガラス
2016年9月12日(月)~9月19日(月)
AM11:00~PM7:00 期間中休廊日なし

16歳の時初めてガラスに息を入れました。
すごくわくわくしながら気持ち良さを感じた事を覚えています。
26歳の今、ガラスで器を作る仕事をしています。
初めて吹いたわくわく感とはまた違う楽しさでいっぱいです。
今回の初個展、皆さまに見ていただける事を楽しみに作品を制作しています。
たくさんの方に見ていただけると嬉しく思います。

160912_3 谷口 絢香
岡山市出身
2006年  吹きガラスの体験で心ときめく
2007年  グラススタジオ春の若林睦美さんにとんぼ玉を習う
2012年  倉敷芸術科学大学ガラスコース卒業
2012年から現在  妖精の森ガラス美術館勤務

若い谷口さんは素直さ、探究心、ガラスに対する情熱をしっかり持っているように見えます。
愉しみです。
作家としてのスタートラインに立った眩しいほどの初々しさに、これからの成長の兆しを感じ取っていただきたいと思いつつ、皆様とともに期待して待ちたいと思います。
さとう

【展示作品】
2016-9-12-19_01 2016-9-12-19_02 2016-9-12-19_03 2016-9-12-19_04 2016-9-12-19_05 2016-9-12-19_06 2016-9-12-19_07 2016-9-12-19_08 2016-9-12-19_09 2016-9-12-19_10 2016-9-12-19_11 2016-9-12-19_12

谷口絢香さんの初めての個展を祝って、素晴らしいご縁をいただき
たまたまの来廊のお客様、広瀬香葉さんに花を添えていただ来ました。
会場が初々しさと可憐さで満ちています!!